そこ、hyphen

これはコトバですか?

一歌談欒 Vol.1

dottoharai.hatenablog.com

参加させていただきます。よろしくお願いいたします。

課題歌

おめんとか
具体的には日焼け止め
へやをでることはなにかつけること (今橋愛)

部屋を出るのに何かつけるというのは当たり前の行為で、何も身につけず部屋を出ることはほとんど不可能である。

けれでも歌の中で身につけるアイテムとして提示されているのは「おめん」という滅多に身につけることのないようなアイテムだったり、そうかと思えば「具体的」な日焼け止めであったり、なんだかちぐはぐした印象が与えられる。

ただごと歌っぽいようでいて、ただごと歌が引き出すワンダーや発見よりも、もっとミステリアスな感覚を覚える。

そこでもっともらしい「へやをでることはなにかつけること」という下の句に目をむけてみると、2つのことに気づく。

  1. なにか「つける」こと
  2. 全てひらがなで表記されていること

歌の中では、部屋を出るときに身に「つける」アイテムとして「おめん」や「日焼け止め」が選ばれているが、これらのアイテムが担う役割は身につけるものの中でも「外界と私を遮断する」というところに本質がある。

お面は被れば顔を隠してくれるし、日焼け止めは紫外線から肌を守ってくれる。

そもそも部屋にいること自体、外と〈私〉が遮断されていることである。

だからこそ部屋を出て、外にさらされるときには、アイテムによって〈私〉を守らなければならない。 

しかし最もらしいことで歌を締めくくりながら、読者に与えられるのは歌の意味をいまいち処理できていない感覚や、自分を外から守ろうとするにはあまりにも現実的でないような佇まいである。

とりわけその印象を強めるのはこのひらがな表記である。

ひらがなで表記すると、どことなく嘘っぽいというか、現実世界に即していないような浮遊感を感じられることがある。

それは初句の「おめんとか」にも表れていて、おめんは「お面」と表記されてもよかったはずなのにあえて開いているのだと思う。

実は「へやをでることはなにかつけること」というのは、フィクショナルな思い込み、あるいは表層的なことなのかもしれない。

もっとも冒頭でも少し触れたように、何も身につけずに外出することは不可能である。一方で〈私〉を完全に外と遮断してしまうことも不可能であって、その衝突の中で、唯一「具体的に」とれる策がおそらく「日焼け止め」を塗ること。

おめんとか
(具体的には日焼け止め) 
へやをでることはなにかつけること

個人的には、2〜3句目をカッコに入れてしまうと、歌の中における世界観の境界のようなものが見えてくる気がする。

現実的でないことを現実的でないと把握しながら、一方で具体的な方策で抗おうとする姿勢を紛れ込ませた歌なのではないだろうか。

第11回短歌の目・9月――だいこん、しゅんでる

tankanome.hateblo.jp

祝・短歌の目再開!参加いたします!よろしくお願いいたします!

題詠

  1. 星くずにまみれる魔法となるときハッピーターンの粉の散り散り


  2. かざぐるま吹けども止まる  あおあおと届かぬ空の真昼は微風

  3. はちみつ
    はちみつのあぶくのまるみはたえかねてきえる、硝子のそれとはちがって


  4. 川崎の先っちょだけど千切りか短冊切りのどちらがええかね

  5. 秋刀魚
    細やかにほぐせど離れぬ身を惜しみ秋刀魚の骨を一人しがんだ
テーマ詠「秋」
  • 店頭のおでんしゆんでるだいこんも70円で掬い出す秋

  • しらたきも70円で牛すじも70円でよかつただろうか

  • コンビニのパンプキンパイ新発売 毎年毎年同じ顔見る

  • 栗ごはんないんだつたら栗おこわ食べればいいのよ、ほらチンをして

  • 狼の遠吠えがある満月に2度ほおばったチロルチョコ(餅入り)

 

引用スターしていただけるとよろこびます!どうぞよろしくお願いいたします!

乱題詠・7月その2


tuchinocoe.hatenablog.jp

後半!


 6.上げる

みっちりと棚に詰めればまたしまい忘れて上げておく棚のうえ


7.童

児童館閉鎖のお知らせ「リニューアル後にはキッズセンターへ変わります」


8.ランド

蛍光灯一つは必ず切れていてそれでも回るコインランドリー


9.橘

柑橘の皮の苦味にうろたえて幼な子うぇぇあぺっと吐き出す


10.真

明かされることなき真理のごとく立ち上がる被写界深度という語のあり

乱題詠・7月その1

tuchinocoe.hatenablog.jp

九月かよ……。ひとまず5首です。

 

1. 鉄

鉄ペンと呼ばれています。ええ、万年筆のペン先は金で

 

2.報

延々と終わりがなくて切るだけを残すばかりの電話の時報

 

3.うむ

かりうむを含んだばななを食い終えてかろちん含むニンジンを食う

 

4.ために

誰がために告げる言葉か我がために告げることではないことは確かか

 

5.湾

知らんテロ知らん戦争知らんことばかりの私にはきれいな湾岸

「なつやすみの宿題57577」

novelcluster.hatenablog.jp

短歌企画参加いたします!よろしくお願いいたします。

 

約束の時刻過ぎても黄昏はまだ ( かんばせ )を奪う気のなく

 

足元を見つめてばかりをるゆゑの角度に沿つて遊ぶおくれ毛

 

死後三日ぐらゐでなかつたことになる金魚掬えばうれしがるきみ

 

来月の花火の話をする すぐに始業式の話に変はる

 

祭りあと 擦る足音も薄くなり無限の鳥居はあかあかと立つ

 

乱題詠・7月お題

今月はないだろうなと思ったそこのあなた、乱題詠はありまぁす!!

もちろん7月告知なので7月のお題です。苦肉の策。

  1. 鉄 果実類-果実類/うんしゅうみかん/じょうのう/早生、生とは - 食品成分表 Weblio辞書
  2. 報 walkerplusとは - アルファベット表記辞典 Weblio辞書
  3. うむ(表記自由) liとは - HTMLリファレンス Weblio辞書
  4. ために 仏壇とは - 歴史民俗用語 Weblio辞書
  5. 湾 瀬田川とは - 大津歴史事典 Weblio辞書
  6. 上げる(活用可) 蓄熱器とは - 空調用語 Weblio辞書
  7. 童 正法寺川北沢第八号石堰堤とは - 歴史的砂防施設 Weblio辞書
  8. ランド I/Oメモリ実効アドレスとは - FA用語 Weblio辞書
  9. 橘 天皇陛下御在位10年記念500円白銅貨幣とは - 記念貨幣一覧 Weblio辞書

  10. 真 C11325とは - 電車図鑑(真岡鐵道) Weblio辞書

よろしくお願いいたします!!

乱題詠・6月

 よろしくお願いします!引用スター、たいへんよろこびます!

  1. ランプ
    滅びゆく国の書斎の一千夜一夜を照らすランプ消すゆび


  2. 激励のお言葉堅くコンクリを頂戴するがごとき重さで

  3. 境目
    あの道の先へと向かう首根から頭上を越える左右の境目

  4. あばれ
    え、なんの話だっけな。図書館のあばれはっちゃく。(ここでガム噛む)


  5. 従二位と名づけた第二関節に権利をやったり剥いだりする午後

  6. かばん
    詰め込んだか(ばんぺいゆも切り取り線を入れて)ゆっくり

  7. っている
    ざざ降りを三歩進んで壊れてる赤信号をまだ待っている

  8. 少な
    底上げのグラスしとどにぬるみゆく甘み少ないアイスコーヒー

  9. のうち
    きみのうちフレンチネイルのぼやけてる境界までがぼくであること


  10. 地下街を上がればそこにまた街が炎のようにゆらめいて立つ

 

 
Remove all ads