Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

そこ、hyphen

これはコトバですか?

短歌の目

第18回短歌の目・4月

tankanome.hateblo.jp 題詠 1. 皿 せせらぎに流されながらぴかぴかのかっぱの皿を売って暮らした 2. 幽霊 いつ見てもかなしくぞある青白き幽霊のごと空よ暮れるな 3. 入 出たり入ったり忙しいな今日という今日に行き交う人々の暮春 4. うそ(嘘、鷽、獺も可…

第17回短歌の目・3月

tankanome.hateblo.jp 勢いで参加です。どうぞよろしくお願いいたします。 題詠 1. 草 飲みかけの炭酸水は透明ではじけるように駆ける草原 2. あま 錆びついた柄のざらつきを古傷にたとえてひらく春のあま傘 3. ぼたん 泣き顔が不意によぎって取れかけのくる…

第15回短歌の目・1月

tankanome.hateblo.jp 今月もどうぞよろしくお願いいたします。引用スターお待ちしております。 題詠 1. 編 生まれくる罪を憎めど生まれくる人を憎むな ニライカナイ編 2. かがみ(鏡、鑑も可) 鏡「ええ、世界で一番美しいのはあなたです女王様」 3. もち …

第12回短歌の目・10月――尾ひれをつけて

tankanome.hateblo.jp 題詠 1. 渋 渋谷区の犬の話に少しずつ尾ひれをつけて放つたそがれ 2. 容 容量をはかり終えたらいろはすのペットボトルはべこべこにして 3. テスト しらじらとテスト用紙をめくりゆく監督者の粗き網タイツ 4. 新米 新米をよそうお碗の冷…

第11回短歌の目・9月――だいこん、しゅんでる

tankanome.hateblo.jp 祝・短歌の目再開!参加いたします!よろしくお願いいたします! 題詠 星星くずにまみれる魔法となるときハッピーターンの粉の散り散り 吹かざぐるま吹けども止まる あおあおと届かぬ空の真昼は微風 はちみつはちみつのあぶくのまるみ…